トップ

趣味の基礎を知りましょう

編み物を趣味にしよう

趣味の編み物で元気になろう

編み物、最近やっていますか?100円ショップや手芸店で山積みにされた毛糸たちは、冬ならではの風物詩ですが、趣味の編み物には、完成した作品だけではなく、作っている本人にも、うれしい効果があるようです。・うつやPTSDの軽減になる人の脳は、1度に考えられる容量が決まっているといいます。集中して手先を動かすことで、余計なことを考えずに、「ひとまず置いておく」ことが可能になります。これは、副交感神経が活性化される効果によるものです。・認知症の予防になる料理をやると認知症予防になるといいますよね。作品作りに励んでいる人は、手順を組み立てたり、手先を動かすことによって、脳の委縮を防ぎ、認知症の進行を遅らせる効果が分かっています。楽しくて、健康にもなる一挙両得な趣味を、復活してみてはいかがでしょうか。

編み物の「癒し効果」に注目

「趣味で編み物」というと、時間に余裕がある女性がすること、というイメージが強いのですが、実は、脳と心の健康維持につながるのではないか、と、近年注目されています。独特の記号で書かれた編み図を見ながら、細かな編み目を数え、手先を細かく動かすことが脳の活性化につながり、また柔らかな毛糸に触れながら無心に作業を繰り返すことで、精神の安定に効果がある、という研究者もいます。もちろん、完成した作品は自分で使うことができるのも大きな喜びにつながります。毛糸と編み針さえあれば、好きなときに好きな場所でできる手軽さも魅力。何かと忙しい現代人だからこそ、すきま時間を癒し時間に変える趣味として、男女を問わず注目されているのです。

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 趣味の基礎を知りましょう. All rights reserved.